忍者ブログ
建築設計事務所 OWL FOREST のブログ。
[228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219] [218]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

瀬戸の落合裕子先生のお宅に行って来ました。
電車=旅行’(30分んなんですけれどね)気分で名鉄に乗り「尾張瀬戸駅」へ。
早く着き過ぎて、駅の喫茶で
あいにく持ち合わせが『本の話』(文藝春秋:出版社の小冊子)しか有りません。
高校時代、敬愛する国語科の故:古木一先生に、「大人になったら、岩波の冊子を読むのと、学会に入るように」と言われました。
各出版社の冊子は‘月遅れ版’が本屋さんのカウンターにFreeで置いてあるので、それを頂いてきます。
(因みに、学会は入っていましたが、東京にいないと余り利用価値がないので脱会しました。)
薄いので、いつもトイレに置いています。
今日は、久々にじっくり読みました。
おぉ、先日お会いした石原結實先生の新説『尻かけ』が載っています。上半身が大きく、下半身が細い人は“腎虚”。生命力が落ちているという話です。
金子貴一さんの『秘境添乗員』の連載も面白い。フリーメーソンの本「ザ・テンプル・アンド・ザ・ロッジ」読んでみたい。
いつもは、用事をし乍(失礼!)ちらりと読むだけなので、思わぬ時間でした。

前置きが長くなりました~

実は忘れて素敵な教室風景が有りません!
あぁ~、残念。
1品1品、丁寧に教えて頂けます。
環境(キッチン&お茶室)も抜群。
「精進は、単に肉・魚を使わないというだけでなく、お料理に気持ちが沿わないといけません」
慈悲の精神、感謝の気持ちを大切に、講座開始です。
先生は「茶懐石」も御専門で、精進と茶懐石は“淡味”を大切にするところに通じるものを感じられるそうです。
“お料理”と“お茶”を併せて教えて頂けるという、落合先生ならではの教室(!)大変勉強になりました。

それにしても、写真の無いブログはつまりませんね(泣)。
「大丈夫?」
「ちょっと、危ない…かも」、ふぅ~っ。

PS:「たくさんのふしぎ」12月号
(福音館書店発行のこども向け月刊誌です)
『りんごの礼拝堂』
「たくさんのふしぎ」は、大人が読んでも面白い雑誌です。子ども向けとあなどるなかれ。なかなか奥が深い。
「りんご・・」の号、素敵です。是非、ご覧下さい。
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
OWL FOREST
体外環境「建築」から体内環境「食」までをトータルで考え、素材を活かしたオーガニックライフの提案を行う
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]