忍者ブログ
建築設計事務所 OWL FOREST のブログ。
[279] [278] [277] [276] [275] [274] [273] [272] [271] [270] [269]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ご臨終かと慌てまくりました
年季の入ったネット用PC君
我が家のERにてAED処置を施し、今回は復活

こんな時間ですので、昨日載せると言っていた記事だけでもUPします。

自分の手でおいしい水を!
-『おんたけ市民の森作り』-
名古屋市民おんたけ休暇村の森林保護への取り組み

名古屋市民の生活を支えている木曽川。その水源である「御岳県立公園」の森の中に“名古屋市民おんたけ休暇村”があります。
日本は昭和35年頃から経済利用目的で、針葉樹による造林が進められ、ここ御岳の森も、現在約8割が人工林となっています。休暇村では森を保水力の高い広葉樹との針広混交林とすることによって、再び自然に近い豊かな土壌に戻す取り組みをしています。
その第一号として、平成17年に‘名古屋ライオンズクラブ’により、モミジ・カエデ・ナナカマド等、約200本の木が植えられました。その他、銀行が創立記念事業として参画するなど“地球環境保全の為の企業・団体貢献”の場としての協力も歓迎しています。公募による市民参加を含め、268名もの方が植樹に参加されました。ここで出る間伐材は、名古屋市内の河川の浄化や、木工・工芸体験に使われる他、平成17年10月に完成した炭焼き窯で炭にされ、脱臭剤・乾燥剤として売店で販売したり、土壌改良に利用されたりしています。
「森作りは植樹すれば終わりではなく、5月・9月の下草刈り、枝打ち、間伐・択伐など継続した取り組みが必要とされます。」と、休暇村自然体験課の百々(どど)さんは仰っていました。休暇村では、広く市民の方の協力を求めています。
皆さんもご自身で、自分達の水源を守る取り組みに是非参加されては如何でしょう。


こんな記事でした。しかし、具体的な事業が現在調整中な為、この原稿はお蔵入り。
原稿を送った数日後、中日新聞の1面トップで(御岳のみではありませんが)同じ記事が載り、少~し残念でした
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
OWL FOREST
体外環境「建築」から体内環境「食」までをトータルで考え、素材を活かしたオーガニックライフの提案を行う
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]