忍者ブログ
建築設計事務所 OWL FOREST のブログ。
[568] [567] [566] [565] [564] [563] [562] [561] [560] [559] [558]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

♪食事の時だけ降りてきて、また自室へ。
休みと同時に海外へふらふら出かけていたとは大違い。

休みになったら、「ここへも、あそこへも連れて行ってあげたい」と思っていたのに~。

「SC(ショッピングセンター)行かない?」
「特に欲しいもの無いからいい」(←もともとに似て、人混み大嫌いなんです)。

「ちょっとだけ、どっか行かない?」
「この生物書1.000頁もあるの。来年から授業が全部英語になるの。日本語ですら内容を理解するのに精いっぱい。だから、今のうちにこれを頭に入れておかないと、大変なの!」

「じゃ、温泉でも行かない?」
「あのね、忙しいの。邪魔するなら、もう奈良帰る。」

う~ん。

「あ、海外旅行は?」
ピク。(少し反応)
「韓国なんかどう?」
ピクピク。(かなり反応)
「韓国精進食べて、垢すりして・・・」
「いいよ。」

という訳で、昨日、急遽手配。
・3泊4日。
・予算一人¥25.000
・ホテル指定
・帰りのは午後便。

今度は旅行社との攻防。
20日以降ならOKでしたが、15日には奈良へ帰るというので、条件を落とすorもう少し予算を上げるか。
現在キャンセル待ちしながら、再考中



♪まずは、ウケなかったものから

『豆乳グルト』(豆乳のヨーグルト)

「牛乳のヨーグルトといっしょか、もっと美味しいと思ってるのに~
「自分の味覚が絶対って思ってるでしょう。豆腐酸っぱくしましたみたいで、好きじゃない

お気に入りなので、反論されるとムカつきます。
塩を加えるだけでソースになる位クセが無く、レシピはそのまま置き換えて使えるので重宝してたのに!
普通のを食べてなかったので、違いを忘れちゃったのかな?
そんなに言うなら、牛乳のをもう一度食べてみなくちゃ・・。

♪ウケたもの

『高黍ソース』(高きびのミートソース)

炊いた高黍と、生食するにはあまりにグジュグジュになったトマトがあったので作りました。

みじん切りにした玉ねぎ1個を、あな吉さんのオイル(ニンニクを入れたもの)で炒めます。
そこに高黍とトマト(ヘタだけ除いたもの)を投入。
トマトが煮崩れるまで少し炒めます(残ったトマトの皮はつまみ出す)。
味付けは、塩(ハーブソルト使用)とコショウ。

自分で言うのもなんですが、ムッチャ美味しい♡
トマトはヘタを取って、冷凍しておいたのをそのまま使用してもいいです(←TVでやってました)

高黍は、何が原因だったのか・・・何故かず~と敬遠してました。
雑穀ストックの中に‘高黍’だけはありませんでしたが、これで晴れて食品庫に仲間入り。



♪さ~て、格安旅行、も一度探そ・・・



PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
OWL FOREST
体外環境「建築」から体内環境「食」までをトータルで考え、素材を活かしたオーガニックライフの提案を行う
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]