忍者ブログ
建築設計事務所 OWL FOREST のブログ。
[573] [572] [570] [569] [568] [567] [566] [565] [564] [563] [562]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

♪ウォルドルフ人形の‘ハンナ’と’アンナ’。
今は夏なので、二人とも麦わら帽子を被っています。

子供が小さかった頃、シュタイナー関連の本を読みまくり、本気で学校を探しました。

でも当時ここら辺りには「山里保育園」しかありませんでした。
園長先生にもお会いしたのですが、居住区やその他の制限で断念。

東浦の方にシュタイナー教育を取り入れた公立小学校があると聞きましたが、連絡が取れず、結局モンテッソーリの幼稚園に行かせました。

何故突然こんな話かと言うと、先日古書店で
『テレビを消してみませんか?』
という本を見つけたから。

著者カーリン・ノイシュツさんさんのお人形や動物は、福井光子先生から教えを受けて、何体も作りました。
子供を幼稚園に送り込み、八事のタンテボレでチクチク縫い縫い。
時間になると慌ててお迎えに走ったのも、遠い昔の出来事になってしまいました。

(もうは、孫にしかしてやれませんが)
若いお母さんに是非読んで欲しいと思います。


最近気になること・・・。
“子供とお母さん”の世界は素敵なのですが、そこに入り込み過ぎて周りが見えない親子をみかけます。
‘自由にのびのび’と、‘躾’は別次元だと思うのですが・・・。

教育熱心な親、ほったらかしの親、両極端が目立ちます。

とは、ぐずるお子さんを見かける度、
「あれは、暑いって言ってるんだよ」
「喉が渇いたのかな?」
「同じ姿勢でベビーカーに縛り付けられてるから、疲れちゃってるんだね」
・・・・
といつも話し合っています。
「話せないような小さい子でも、良く観察していれば何を訴えているかわかるよね。それをいい加減に相手せず、向かい合って、きちんと説明してあげれば理解してくれと思うんだけど・・」

最近娘達も
「あれは、ウソ泣き?きっと構ってって言ってるんだね~」
と言うようになりました。
遠くない将来に向けて(?)のレッスンです^^。

余談ですが、
は子供に好かれるタイプ。本人も、小さい子がだ~い好きで、すれ違う子全部に「可愛い~」を連発。
一方
は子供に睨まれるタイプ。何もしていないのに・・。どうやら、おチビちゃんが勝手に自分と同レベルのライバルと思うらしいのです。笑えます。


♪昨日スーパーで若い夫婦を見かけました。
どう見ても30前後。
奥様はいつ生まれてもおかしくない・・・臨月。
でもびっくりなのは、そのあと。
ついて出てきた子供が
1・2・3・4・・・・
全部で6人
(思わず、指さして数えちゃいました!)

「子供手当て」是非継続してあげて下さい!!

PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
OWL FOREST
体外環境「建築」から体内環境「食」までをトータルで考え、素材を活かしたオーガニックライフの提案を行う
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]