忍者ブログ
建築設計事務所 OWL FOREST のブログ。
[444] [443] [442] [441] [440] [439] [438] [437] [436] [435] [434]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ここ何日か、梅仕事と中村天風にはまってました^^。
梅は、土用干しを待つのみです(ヤッター、自分で自分を褒めてあげたい・・なんちゃって)。
梅今までは、「瓶漬け」でしたが、白梅酢の上がりが良くない為、漬物容器に変更。
琺瑯(ほうろう)か陶製のが良かったんですけど、お財布都合&腰の都合(重いのは、もうダメ~)で、ポリ容器。
藤巻あつこ先生の「簡単(!)密封袋漬け」も試してみました。
長期保存には向かなかもしれませんが、梅酢を上げ易いので、お手軽に出来ます。
初めてで不安な方、一人暮らしの方の入門用には超お薦め
早速子供に伝授(?)したいと思います。
瑞浪昨日、お誘いを頂き『百姓学校』へ行ってきました。瑞浪
心配していた雨もあがり、まずは小倉校長ご一家の心尽くしの昼食を頂きます。
採れたての大根やきゅうり、ふきやお寿司がテーブル一杯に。
おばあちゃま(校長夫人)やお嫁さん達の手料理に、つい仕事(梅の収穫に来たのです!)があることも忘れて動けなくなるまで食べる、食べる!
窓からは、心地良い風。
寝ちゃいた~い・・・
瑞浪・・ところを我慢して、いざ畑へ。
うわ、沢山。
干し柿用の柿は主人の実家で採りましたが、梅は初めて。
結構ちくちく小枝が出ています。
「右、あ、もうちょっと上・・・」の指示に、
「服、破けそうなんですけど~」と、手に引っかき傷を作って奮闘のNさん。瑞浪
それを楽しく眺める
「ちゃんと、採った?」の質問に、
「撮りました~」。
瑞浪丹精込めたじゃが芋や、おっきな大根、みずみずしいレタスの収穫もさせて頂きました。
小倉さんが「自然循環農法」を始められた頃は、今のようにオーガニックがもてはやされる時代ではなく、ご苦労も並大抵ではなかったそうです。
そんな苦難も感じさせず、「今度は泊まりでおいで」とにこにこのおじいちゃん、おばあちゃん。
ここが好きでたまらない(!)といった風情の、優しいお嫁さん。
最高です。

BOOKS AND COMPANY
は、新書3冊!

リンゴが教えてくれたこと

 小倉校長と重なって見えて、ついつい涙目に。
害虫は一度に孵化せず、先に半分が生き延び、後半分は、害虫が孵化したのを待って孵化したテントウムシに食べられる、その為に生まれてくるんだそう。
『そういう風になっているのです』の言葉に、改めて自然のプログラムを再認。
『自然のものは枯れていきます。人がつくったものは腐っていきます』
-ご存知でしたか??
『すべては観察からはじまる』=『ずっと見ていることが大事』
子育てにもあてはまりますね。


この木村さんの書き下ろしを読んで、
中村天風「幸せを呼び込む」思考

 に描かれた天風と共通するものを感じました。正にお二人共が“悟り”の境地。
天風は、知る人ぞ知る、といった存在。
その書を直接愛読される方も多いようですが、は読み込む力量がありません。
その点、この神渡さんの本では、天風の言葉を実例をもって解説。
なので、わかり易い。
マクロビオティックをしていると、関連して耳にする機会の多い方々が、この例に出てきます。
いろんな所で繋がっているんですね。


ニンジンの奇跡

 この書をきっかけに、料理本コーナーには、『百姓赤峰勝人の野菜ごはん』(オレンジページ)も久々に並べられていました。

立て続けに、ちょっとだけ農業の勉強をさせて貰った気がします。


本棚はコチラ↓
http://booklog.jp/users/owlforest


今年は梅仕事、い-っぱいしました!
もう、いりません、ギブアップです(笑)。
でも、来年になったら、又いそいそやってるんだろうな~。
おっと、その前に「土用干し」があったんだ、あ~ん・・・
PR
この記事にコメントする
NAME
SUBJECT
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
OWL FOREST
体外環境「建築」から体内環境「食」までをトータルで考え、素材を活かしたオーガニックライフの提案を行う
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]